ママが考えた!ランドセル用補助バッグ「サンドセル」が超便利

毎日手ぶらOK!ランドセルの収納が広がる「サンドセル」

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像1

出典:lemoir.com

「サンドセル」ご存じですか?

小学生のランドセルに取り付けることで手荷物を追加収納できる超便利グッズ。

遊びざかりの子どもたちの登下校を“手ぶらでより安全に”サポートできます。

子どもの事故やトラブルのリスクを少なくできる「サンドセル」に注目です。

 

「サンドセル」とは?

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像6

出典:moa-style.com

「サンドセル」は、両サイドに取り付けて使うランドセル用補助バッグのこと。

いわゆる通学便利グッズのジャンルに入ります。

実際に2人の小学生を育てたお母さんのアイデア商品なんです。

それだけに“かゆいところに手が届く”とっても便利なアイテム。

 

毎日こんなに使える「サンドセル」

体操着、プール道具、課題の荷物・・・

小学校に入学すると科目が多くなり、必要な荷物も増えます。

教科書を入れるメインのランドセルスペースだけでは足りず、トートバッグや巾着を持って行きますよね。

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像7

出典:gogon.net

でも、この状態はキケンがいっぱい。

手に持った巾着をぶんぶん振り回したり、ボールのように蹴ったりしながら帰っている小学生をよく見かけます。

特に男の子は言っても聞きません。

周りの迷惑だけでなく、自転車や自動車に引っかかると事故につながりかねません。

手がふさがっているので、もしもの時に防犯ブザーを押すにも手間取ります。

雨の日なんて確実に両手がふさがっちゃいます。

 

日常的に手ぶらになるだけで危険のリスクを少しでも減らすことができます。

毎日の荷物をランドセル1つにまとめるだけでなく、子どもの安全にもつながるのが「サンドセル」なのです。

 

意外と入るのに見た目はスッキリな「サンドセル」

「サンドセル」を付けても意外にスッキリ

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像5

出典:sandoseru.ocnk.net

横からの見た目はほぼランドセル幅と変わりません。

 

低学年でもできる簡単な着脱方式

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像3

出典:sandoseru.ocnk.net

小学校低学年の子でも自分でできるように着脱も考えられています。

 

上履きやリコーダーも入る収納力

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像4

出典:sandoseru.ocnk.net

幅はそんなにありませんが、高さが“ランドセルと同じ”くらいありますからけっこう入ります。

 

「サンドセル」商品詳細

ランドセル用補助バッグ「サンドセル」の画像2

出典:sandoseru.ocnk.net

ランドセル用補助バック「サンドセル」
価格:4,860円~5,940円(税込)
カラー:全7色(ブラック・ピンク・ビビットピンク・スカイ・ネイビー・ブラウン・イエロー)
※ファスナーバリエーションもあり(ピンク・レッド・ビビットピンク・スカイ・ネイビー・イエロー)
対応ランドセル:ランドセル幅24.5センチ~27.5センチまで
サイズ:縦幅33センチ、横幅15センチ、マチ5センチ
重さ:約120グラム
素材:ナイロンまたはポリエステル100%、ポリプロピレン100%

サンドセルが購入できるネットショップは、

などです。

 

まさにママのアイデアが詰まった「サンドセル」。

“子どもの荷物多いな”と思っているママパパにはとってもおすすめ。

取り付けるだけでランドセルの収納が拡張できちゃう便利グッズ。

気になった方はぜひチェックしてみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る