子供を連れて行くならココ!関東おすすめレジャースポット11選

関東周辺!こどもと行きたい家族旅行スポットまとめ

子供と一緒の家族旅行風景

出典:fusaki.com

夏休みや休日、こどもと一緒にどこに出かけようかはパパママの悩み。

そこで評価の高い施設やネットで口コミの多い「人気レジャースポット」を関東に絞ってまとめました。

子供たちを連れて行く場所としてとってもおすすめの11施設。

“アトラクション・レジャー系“から楽しく学ぶ“学習体験系“施設まで1日遊べて家族旅行に最適です!

 

1,「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」神奈川・相模原

さがみ湖プレジャーリゾート画像

出典:sagamiko-resort.jp

45万坪の広大な敷地で、バーベキュー・キャンプや遊園地まで楽しめる人気スポット。

自然も施設も充実しているので、気軽に行っても1日フルで遊べます。

 

☆「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」詳細

  • 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
  • 電話:042-685-1111
  • 営業時間:9:00〜17:00、10:00〜16:30など季節や曜日によって変動
  • 入場料金:大人1700円、小人・シニア1000円
  • ホームページ:http://www.sagamiko-resort.jp/

 

2,「こどもの国」(神奈川・横浜)

こどもの国横浜の画像

出典:blogimg.goo.ne.jp

30万坪の多摩丘陵の大自然を活かした大規模な自然の遊び場が「こどもの国」。

緑豊かなスペースで遊具や乗り物があるほか、牧場や動物などもいるため子供が飽きません。

 

☆「こどもの国」詳細

  • 住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
  • 電話:045-961-2111
  • 営業時間:9時30分~16時30分(夏季7月~8月は17時まで)
  • 入場料金:大人・高校生600円、中学生・小学生200円、幼児100円(一般の場合)
  • ホームページ:http://www.kodomonokuni.org/

 

3,「キドキド(KID O KID)」全国21ヶ所

キドキドのまわる遊具で遊ぶ子供たち

出典:tokyo.odekake.mobi

全国になんと21ヶ所展開している嬉しい施設が「キドキド」。

室内なので雨でも安心して遊べ、独特のポップな遊具にこどもたちはおおはしゃぎ。

 

☆「キドキド(KID O KID)」詳細

 

4,「鉄道博物館」埼玉県・大宮

鉄道博物館

出典:hotel-brillante.com

鉄道ファンにも有名な「鉄道博物館」は、男の子や乗り物好きの子なら一度は連れて行ってあげたい場所。

様々なデザインの貴重な鉄道が巨大スケールで見られる夢のある施設です。

 

☆「鉄道博物館」詳細

  • 住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
  • 電話:048-651-0088
  • 営業時間:10:00~18:00(毎週火曜日、年末年始休休館)
  • 入場料金:一般1000円、小中高生500円、幼児200円
  • ホームページ:http://www.railway-museum.jp/top.html

 

5,「西武園ゆうえんち」埼玉県・所沢

西武園ゆうえんち画像

出典:seibuen-yuuenchi.jp

“遊園地“といっても、所沢の広大な敷地にあるのがポイント。

多数の乗り物以外に、プールや釣り、イルミネーションまでたっぷり親子で楽しめます。

 

☆「西武園ゆうえんち」詳細

  • 住所:埼玉県 所沢市山口 2964
  • 電話:042-922-1371
  • 営業時間:10:00~17:00(変動や休園日あり)
  • 入場料金:中学生以上大人1100円、小学生まで500円、シニア500円
  • ホームページ:http://www.seibuen-yuuenchi.jp/

 

6,「東京ドイツ村」千葉・袖ヶ浦

東京ドイツ村風景

出典:nekonosokuhotakkyubin.com

「ドイツ村」というだけあり、異国情緒にあふれる庭園の美しい施設。

こう見えてアトラクションから、こども動物園、パターゴルフなどもありつつ、あじさいやパピーなどが咲き誇った風景はママも楽しめます。

 

☆「東京ドイツ村」詳細

  • 住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
  • 電話:0438-60-5511
  • 営業時間:9:30~17:00(年中無休)
  • 入場料金:大人1200円、中・高校生800円、4歳~小学生600円
  • ホームページ:http://t-doitsumura.co.jp/

 

7,東京ドームシティ「asobono(アソボーノ)」東京・水道橋

東京ドームシティ「ASOBONO(アソボーノ)」の風景

出典:emmasansan.exblog.jp

室内かつ“0歳の赤ちゃん“から楽しめる、嬉しい施設が「アソボーノ」。

カラフルで絵本のような遊具にこどもたちが夢中になること間違いなし。

 

☆「asobono(アソボーノ)」詳細

  • 住所:東京都文京区後楽1丁目3番61号
  • 電話:03-5800-9999
  • 営業時間:平日10:00~18:00、土日祝日9:30~19:00
  • 入場料金:大人930円、こども60分930円、延長30分410円(特定期間の平日はフリーパスあり)
  • ホームページ:http://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/

 

8,「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」神奈川・横浜

OrbiYokohama(オービィ横浜)室内画像

出典:padi.co.jp

最新のテクノロジーをつかった巨大スクリーンで大自然体験がリアルにできる鑑賞体験型スポット。

がんばっても中々いけない世界の大自然をビッグスケールで体感できます。

 

☆「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」詳細

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号 MARK IS みなとみらい 5F
  • 電話:045-319-6543
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 入場料金:大人2600円、小人1300円、幼児500円、シニア2000円(ナイトチケットやお得な前売り券もあり)
  • ホームページ:http://orbiearth.jp/jp/

 

9,「日本科学未来館」東京・江東区

日本科学未来館の画像

出典:heartlogic.jp

こどもの知的好奇心をくすぐるならうってつけなのが「日本科学未来館」。

宇宙や科学などの分野を中心に他の施設にはない展示がこどもの発想をやわらかくしてくれるかもしれません。

 

☆「日本科学未来館」詳細

  • 住所:東京都江東区青海2-3-6
  • 電話:03-3570-9151
  • 営業時間:10:00~17:00(火曜日、年末年始休館)
  • 入場料金:大人620円、18歳以下210円
  • ホームページ:http://www.miraikan.jst.go.jp/

 

10,「Kidzania TOKYO(キッザニア東京)」東京・豊洲

キッザニア東京園内画像

出典:ウレぴあ総研

オープン以来、メディアや口コミで大人気のこども専門の職業体験型施設「キッザニア」。

「○○になりたい!」と繰り返すこどもたちの夢をちょっと本格的に体験させてあげられます。

90種類以上の職業やサービスが用意され、テーマパーク以上にこどもたちが主役になりきれます。

 

☆「キッザニア東京」詳細

  • 住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 ノースポート3階33200
  • 電話:0570-06-4646
  • 営業時間:第一部9:00~15:00、第二部16:00~21:00(完全入れ替え制)
  • 入場料金:プランと年齢によって異なる
  • ホームページ:http://www.kidzania.jp/tokyo/

 

11,「上野動物園」東京・上野

上野動物公園パンダの画像

出典:ウレぴあ総研

動物にふれる機会が少ないご家族ならたまには動物園もおすすめ。

上野動物園はこどもたちが喜ぶ動物が多く、大きすぎず小さすぎない広さも子供と行くにはぴったりです。

 

☆「上野動物園」詳細

  • 住所:東京都台東区上野公園9-83
  • 電話:03-3828-5171
  • 営業時間:9:30~17:00(月曜・年末年始休園)
  • 入場料金:一般600円、65歳以上300円、中学生200円
  • ホームページ:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

 

子供と行きたい旅行スポットまとめ

さて、関東周辺に絞ったレジャースポットいかがでしたでしょうか?

  • 「子供にどんなところで遊ばせてあげたいか」
  • 「どんな体験や思い出をあげたいか」

などもありつつ、意外に大事なところは「往復時間」。

家から2、3時間以上かかる距離だと到着する前に子供が疲れてしまいます。

泊まりでないなら距離感も重要ですよね。

 

関東近郊にも1日遊べるオモシロスポットは盛りだくさん。

最近の施設は大自然あり、パパママも驚くような最新技術ありで文字通り“親子で“楽しめます。

今度の休日ぜひ家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る