ママ必見!「子供乗せ自転車」の選び方とBAAおすすめメーカー

ママにぴったりの「子供乗せ自転車」の選び方

後ろのチャイルドシートに子供を乗せた自転車

出典:www3.plala.or.jp

子供を連れて出かけるようになると真っ先にほしいのが“子供を乗せられる“自転車

特に2人乗せられる「子供乗せ自転車」はママ達の間でも大人気。

今回は満足のいく1台を選ぶための基準をご紹介します。

 

★「子供乗せ自転車」と「普通の自転車」の違い

  • 「子供乗せ自転車」・・・大人+子供を2人まで乗せていい自転車
  • 「普通の自転車」・・・大人+子供を1人乗せていい自転車

実はこんな違いがあります。

代表的な2人用子供乗せ自転車

出典:item.rakuten.co.jp

子供を2人以上乗せる場合は必ず「子供乗せ自転車」

要は“3人乗り”のため重量はかなりのもの。

2人以上なら「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」が必須。

幼児2人同乗基準適合車BAAマーク

出典:baa-bicycle.com

強度も含めた安全性をを確保するため、「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」がついている自転車を選ぶ必要があります。

この「BAAマーク」がない自転車で子供を2人乗せていると違反になってしまいますのでご注意を。

お子さんが1人のご家庭では、チャイルドシートがのせられれば普通自転車でも問題ありません。

 

★「子供乗せ自転車」を選ぶ際のポイント

ここからは“子供2人以上乗せられる”子供乗せ自転車の選ぶポイントをご紹介。

①チャイルドシートの位置

子供を乗せる「チャイルドシート」。

子供乗せ自転車用チャイルドシート

出典:dcm-ekurashi.com

最近はこんなデザインをよく見かけますよね?

  • 前にチャイルドシート
  • 後ろにチャイルドシート

子供1人の場合は年齢などによってどちらか選ぶのがスタンダード。

子供を2人乗せる場合は、前にも後ろにも付けます。

さらに荷物用の「前カゴ」を付けるアレンジで好みの使いやすさに調整もOK。

また、チャイルドシートはシートを付け替えるのに費用がかかることもあります。

位置は子供の年齢によって変わってくるため、購入のタイミングで子供に合った位置のものを探します。

 

②タイヤの大きさ

大前提は“身長に合うかどうか”です。

どちらでも問題ない場合は、“タイヤの特性“で判断します。

「20インチ」・・・乗りやすく、安定性が高い

20インチの子供乗せ自転車

出典:livedoor.blogimg.jp

 

「26インチ」・・・乗り降りにやや負担、スピードが出やすい

26インチの子供乗せ自転車

出典:item.rakuten.co.jp

子供を乗せているため、あまりスピードを出すことはないと思います。

しかし、将来的にチャイルドシートをとって普通自転車として乗る想定なら26インチも視野に入れたいところ。

また、基本的に車輪は大きい方が回転数少なく距離をいくことができるため足への負担は少ないです。

(電動アシスト付きの場合は、20インチでもある程度楽にこげます。)

迷ったらシンプルに「身長」や「乗り降りのしやすさ」を基準に決めるのがベスト。

 

③「電動アシスト」あり?なし?

子供を乗せてもラクラクこげる、という点では確実にあったほうがいい「電動アシスト」

電動アシスト自転車バッテリー

出典:kyoto-option.com

一番のデメリットは“値段が高い”こと。

  • 電動アシストなし・・・5万円~7万円前後
  • 電動アシストあり・・・10万円~15万円前後

やはり1段階値段の壁があります。

それでも育児における日常生活で多大な恩恵が受けられます。

子供と荷物をしょっちゅう乗せたり、自宅周辺に坂道がある場合などは思い切って「電動アシスト付き自転車」を購入するのがおすすめです。

 

以上3点は必ず考える部分になってきます。

 

ピンとこない方はもう少し具体的に“自転車を使う日常”を思い浮かべてみてください。 

  • 子供を乗せるだけ→お子さんは1人? 2人?→送り迎えだけ?
  • 荷物もよくのせる(買い物)→重い荷物ものせる?→近所に坂道が多い?
  • 子供乗せ卒業後もその自転車に乗るつもり→一人で乗るときはスピードを出す?

など使用環境によって選択肢が見えてきます。

これによって自転車の「前カゴ」をつけるかどうかなども変わってきますよね。

自転車を使う風景を頭の中に描いてみてください。

 

★人気の「子供乗せ自転車3大メーカー」

ここでは品質・人気ともに間違いなしの自転車メーカーをご紹介します。

 

・パナソニック(Panasonic)「ギュット・ミニDX」

ギュット・ミニDX(Panasonic)

出典:item.rakuten.co.jp

価格:税込 136,001 円※

同乗可能人数:3人乗り(幼児2人)
タイヤサイズ:前後20インチ
適正身長:142cm~(3人乗りの場合は158cm~)
搭載バッテリー:13.2Ah
アシストレベル:★★★★★☆
1回充電当たりの走行可能距離:(強:39km/標:47km/弱:63km)
ギアチェンジ:内装3段シフト
重量:33.3Kg
全8色

 

・ブリヂストン(BRIDGESTONE)「Hydee.Ⅱ」

Hydee.Ⅱ(ブリジストン)

出典:item.rakuten.co.jp

価格:税込 134,800 円※

同乗可能人数:3人乗り(幼児2人)
タイヤサイズ:前後26インチ
適正身長:145cm~
搭載バッテリー:8.7Ah
アシストレベル:★★★★☆☆
1回充電当たりの走行可能距離:(強:32km/標:39km/弱:44km)
ギアチェンジ:内装3段グリップシフト(ハンドルを握ったまま調節が可能)
重量:33.3Kg
メーカー希望価格:148,800円 (税込)
全6色

 

・ヤマハ(YAMAHA)「Pas Kiss mini」

Pas Kiss mini(ヤマハ)

出典:item.rakuten.co.jp

価格:税込 119,300 円※

同乗可能人数:3人乗り(幼児2人)
タイヤサイズ:前後20インチ
適正身長:145cm~(3人乗りの場合は150cm~)
搭載バッテリー:8.9Ah
アシストレベル:★★★★☆☆
1回充電当たりの走行可能距離:(強:30km/標:35km/弱:41km)
ギアチェンジ:内装3段シフト
重量:33.0Kg
メーカー希望価格:137,000円 (税込)
全6色

いづれも各メーカーの2015人気モデルです。

3社とも「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」に準拠した自転車を数多くリリースする信頼の置けるメーカー。

この3社で選んでおけば品質はまず間違いありません。

価格やタイヤサイズ(26 or 20インチ)以外に、バッテリーの持ちや重量なども希望の用途と比較してみてください。

 

★「子供乗せ自転車選び」まとめ

最終的には「予算×用途」の兼ね合いになると思います。

決めるポイントはいくつもありますが、

  • 「チャイルドシートの位置」
  • 「タイヤの大きさ」
  • 「電動アシストあり、なし」 。

ぜひこのあたりを「重要ポイント」として考えてみてください。

 

短くても数年間は家族を助けてくれる「子供乗せ自転車」

送り迎えから買い物までママパパの負担をおおきく減らしてくれます。

子供がいても行動範囲が広がるのはとてもいいことですよね。

お気に入りの思い出に残る1台をゲットしてみてください!

 

※・・・表示価格は記事執筆時のもので変動することがあります。価格や在庫の有無についてはご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る