生後4ヶ月の赤ちゃんの子育て基礎知識!感覚がメキメキ発達

生後4ヶ月の赤ちゃんの画像

産まれて4ヶ月たった赤ちゃんのほとんどはしっかり首がすわってきます。

少しずつ筋肉もつきはじめ、動きもいままで以上に活発に。この頃から赤ちゃんひとりひとりの個性も豊かになってきます。

笑ったり泣いたり体を動かしたりと見ているだけでも可愛い4ヶ月めの赤ちゃんの特徴をご紹介します。

 

生後4ヶ月の赤ちゃんの変化

◆物を手で握ったり口に運んだり、運動能力が一層発達

ほぼ首がすわってくると、姿勢に関係なく自分の意思で頭を動かせるようになります。

見える世界が広がり、いろんなものに興味津々。はじめて見るものをどんどん見せてあげると喜びます。

赤ちゃんは自分自身の手も認識できているので、物をさわってつかむ動きを覚えていきます。慣れていくうちに自分から物をつかもうとしていきます。

 

◆腕や胸の筋肉が発達、下半身にも動きが

上半身の腕・胸の筋肉が付いてくることで、腹ばい姿勢になっても上体を自分で持ち上げたままキープすることができます。

また、頭部や上半身の発達に続いて徐々に下半身の動きもできるように。脚を交差させてみたり、腰を動かしたりといった動作も見られます。

動くものを目で追いかける「追視」できる範囲も拡張子、180度ほどまで目で追うことができるようになります。

 

◆今までよりも多彩な表情で赤ちゃんの個性が開花

ママやパパの声や顔を見て笑顔になったり声を出して笑ったり、感情的な表現をどんどんしてくれるようになります。

なにか気に入らないことがあると泣いたり体をばたつかせたりもします。

  • ひとり遊びのような動きが見られる子
  • よく笑う子
  • よく動く子

赤ちゃんひとりひとりの個性が少しずつわかってきます。

 

気になる生後4ヶ月赤ちゃんのいろいろQ&A

Q.ベビーカーにまっすぐ座れないのは大丈夫?

ベビーカーに乗せると、体が安定しきらずに左右に偏ってしまう子もいますが心配いりません。

一般的にちゃんとしたおすわりができるようになるのは生後6ヶ月~7ヶ月が目安。

ふだんから体が極端にやわらかかったり、とてもつっぱっているなどがなければ大丈夫です。

 

Q.4ヶ月の赤ちゃんにテレビを見せるのはいいこと?

ごく短い時間なら問題ありませんが、長時間に渡ってテレビを見せ続けると言語発達が遅れる可能性があるとも言われています。

生活をしていればテレビをつけることはありますし、兄弟で上の子がいる場合はまったく禁止するというのも難しいですよね。

「1日30分、長くても1時間」などルールを決めて、だらだらと長時間見させるようなことは避けましょう。

 

Q.児童館や近所へのお出かけは連れて行っても大丈夫?

基本的に生後2ヶ月くらいから少しの外出であれば大丈夫です。

1歳になっていない赤ちゃんですから、他の人とのコミュニケーションが必ずしも必要ない時期です。

それでもママの気分転換という意味も含めて短時間から少しずつ外出していくのは悪いことではありません。

 

Q.ママ・パパの風邪は赤ちゃんにもうつるの?

両親の風邪は赤ちゃんにもじゅうぶんうつる可能性があります。

生後半年くらいまでの赤ちゃんは母親ゆずりの免疫で風邪になりにくい面はありますが、ママの風邪がうつっても不思議はありません。

赤ちゃんが苦しいところは見ていてつらいものですが、病気になって治るたびに体はどんどん強くなっていきます。熱や様子に大きく変わったところがなければできるだけの看病をし、心配なら小児科を受診しましょう。

症状の重いインフルエンザなどは予防摂取を受けてしっかり防ぐようにしましょう。

 

Q.ゆるゆるウンチと下痢を見極めるポイントは?

赤ちゃんのウンチは基本的にゆるいことがほとんどです。

見極めるポイントは、いつものウンチと比べて

  • 変なニオイがする
  • 色が違っている(白・黒・赤)
  • おむつが全部吸い取ってしまうほど水っぽい

などが見られる場合は注意が必要です。心配なウンチがついたおむつを持って病院で見てもらいましょう。

 

Q.赤ちゃんの熱は何度から危険信号?

生後半年に満たない段階で発熱があった場合は、基本的に病院へ連れて行きしましょう。

赤ちゃんの体温は大人よりも高く、37.5度までは平熱の範囲と言われています。

熱が何度あるか、よりも赤ちゃんの全身状態を見て判断するのがベストです。

38度でもミルクをよく飲んで元気な表情を見せているようなら慎重に様子を見てもいいかもしれません。

逆に37度でもぐったりとして吐いたり下痢したりしているようならすぐに病院に行くべきです。

いづれにせよ、熱に加えて”様子がおかしい”と思ったらすぐ受診するようにしましょう。

 

生後4ヶ月の赤ちゃんは表情から動きまでグンと成長が見られるようになってきます。

そのぶん心配事も増えますができるだけ慌てず冷静に対処して、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう。

 

参考文献:主婦の友社「はじめてママ&パパの育児」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る