『管理栄養士のおすすめレシピ⑥』ママも食べれるこどもおやつ3種

ママも食べれる!おいしい「こどもおやつ」3レシピ

子育て管理栄養士&幼児食アドバイザー“の上野知佐さんがおすすめする料理レシピ第6回。

今回は“こどもおやつレシピ”のスイーツをご紹介。

さっぱりといただけるゼリーから白玉、ヨーグルトを使ったムースまで、健康に良いスイーツが登場します。

おいしくて栄養たっぷり、ママも一緒に食べたくなるおすすめレシピです!

 

「こどもおやつレシピ」目次

  1. みかんヨーグルトゼリー
  2. さつまいも白玉
  3. キウイの豆乳ヨーグルトムース

 

『みかんヨーグルトゼリー』

みかんヨーグルトゼリー

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップ赤材料(2~3人分)チューリップ赤
 
⚫︎みかんの缶詰       120~130g
⚫︎牛乳         200cc
⚫︎ヨーグルト(無糖)    150g
⚫︎みかんの缶詰のシロップ    50g
⚫︎ゼラチン      5g
 
 
チューリップ紫作り方チューリップ紫
1.みかんの缶詰をみかんとシロップに分ける。
2.鍋に牛乳、ヨーグルト、シロップを入れて混ぜる。
3.器にみかんを入れる。
4.2の鍋を弱火にかけ、人肌くらいに温まったらゼラチンを振り入れて混ぜながら溶かす。
5.4を3の上に流し込む。
6.粗熱が取れたら、冷蔵庫で固まるまで冷やす。
7.固まったら上にみかんを飾る。

最初のレシピは「みかんの缶詰」を使ってお手軽に作れちゃいます。

ゼラチンを型に入れて冷蔵庫で固めるところに少し時間がかかりますが、それ以外は超ラクちん!

シンプルなので子供も好き嫌いなく食べてくれそうなメニューです。

 

『さつまいも白玉』

さつまいも白玉

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップ赤材料(約30個分)チューリップ赤
 
⚫︎白玉粉      70g
⚫︎さつまいも   100g
⚫︎牛乳         70cc
 
 
チューリップ紫作り方チューリップ紫
1.さつまいもは加熱して潰しておく。
2.白玉粉に牛乳を半量加えてこねる。
3.さつまいもを加えてさらにこねる。
4.硬さを見ながら牛乳を加えて耳たぶくらいの硬さにする。
5.沸騰したお湯に入れ、浮き上がって1~2分したら冷水に取り出す。
6.冷めたら水気を切り、お好みで味付けする。

これぞ上野さん真骨頂!という優しい素材を使ったレシピ。

白玉に「さつまいも」を混ぜるなんて、絶対おいしい組み合わせ♪

あらかじめ熱さえ通しておけば、白玉を作る過程でつぶしたさつまいもを混ぜるだけ。

味付けはなんと『砂糖きな粉&メープルシロップ』!

もしかしたらママのほうがハマってしまうかもしれません…

 

『キウイの豆乳ヨーグルトムース』

キウイの豆乳ヨーグルトムース

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

***材料(小さめゼリーカップ8個分)***

≪キウイジャム≫

  • キウイ 1個
  • 砂糖  大さじ1
  • レモン汁  小さじ1

≪ムース≫

  • 豆乳  200㏄
  • ヨーグルト(無糖)  200g
  • 砂糖  大さじ2
  • レモン汁  小さじ1
  • ゼラチン   5g
  • 水   大さじ2

≪トッピング≫
キウイ 1個

***作り方***

  1. トッピングのキウイは一口大の乱切りに切る
  2. キウイジャムを作る
    1. キウイを細かく刻み、砂糖と一緒に鍋で煮る
    2. 混ぜながら煮詰め、レモン汁を加えて水分がなくなるまで煮る
    3. ジャムは一旦お皿に移しておく
  3. ムースを作る
    1. ゼラチンを水にふやかす
    2. 鍋に豆乳、ヨーグルト、砂糖、レモン汁を入れて弱火にかける
    3. 沸騰しないようにしながら、砂糖を溶かす
    4. 2で作ったキウイジャムを加えて混ぜる
    5. ①のゼラチンを電子レンジで10~20秒加熱して溶かし、鍋に加えて混ぜる
    6. 火を止め、鍋ごと氷水を入れた容器につけ、泡だて器で混ぜる
    7. 粗熱が取れたら、カップに流し入れて冷蔵庫で冷やす
  4. 固まったら、上にキウイをトッピングする

●POINT●
ムースを冷やしながら混ぜる時、泡だて器で空気を含ませるように混ぜると出来上がりがふわっと柔らかい食感になります。

豆乳」には嬉しい食物繊維が含まれていて、便秘解消にも一役買ってくます。

さらに「ヨーグルト」はご存知、“腸内環境を整える”役割もあるのでママにもとってもおすすめなスイーツ。

食後のデザートとしてはもちろん、ちょっとだけお腹が空いてしまった時のおやつとしても最適です!

 

まとめ

さてさて、初の「こどもおやつレシピ」いかがでしたでしょうか?

とにかく健康的な素材を使ったメニューが印象的。

シンプルですが、自分ではなかなか思いつかないひとひねりが加わっていて参考になりますよね。

作り方の簡単なものから少し手間のかかるものまで、その日の予定に合わせて選んでみるのもよさそうです。

たまには“手作りスイーツ”で健康的な食後タイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る