『管理栄養士のおすすめレシピ14』サッと作れる離乳食3選

バリエーションが広がる!カンタン離乳食3レシピ

子育て管理栄養士&幼児食アドバイザー“の上野知佐さんがおすすめする料理レシピ第14回。

今回はややひさしぶりに“離乳食シリーズ”が登場です。

簡単に作れて応用の効くレシピは、確実にママのバリエーションを広げてくれます。

もちろん気になる栄養もたっぷり吸収できちゃうメニューは必見です!

 

『管理栄養士のおすすめレシピ14』目次

  1. 茄子の卵とじあん
  2. 豆腐れんこんバーグ
  3. 取り分けチャーハン

 

1,「茄子の卵とじあん」

管理栄養士のおすすめする離乳食レシピ「茄子の卵とじあん」

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップ赤材料チューリップ赤
●茄子
●玉ねぎ
●にんじん
●だし汁
●卵 
●塩
●水溶き片栗粉
 
チューリップ紫作り方チューリップ紫
1.茄子、玉ねぎ、にんじんは月齢に合わせて切る。
2.鍋に野菜、だし汁を入れて柔らかくなるまで煮る。
3.水溶き片栗粉でとろみをつけ、卵を加えて全体を混ぜる。塩をほんの少しだけ加える。

今回一番応用が効くのがこちらのレシピ。

「パスタ」はもちろん「ごはん」や「うどん」など、かけるだけでメニューが変身。

和風の味付けを食べさせる最初のメニューとしてもおすすめです。

 

2,「豆腐れんこんバーグ」

管理栄養士のおすすめする離乳食レシピ「豆腐れんこんバーグ」

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップ赤材料チューリップ赤
●れんこんのすりおろし      10g
●にんじんのすりおろし      10g
●玉ねぎのみじん切り          20g
●豆腐          20g
●ひき肉      20g
●片栗粉      5g
●しょうゆ    少々
 
チューリップ紫作り方チューリップ紫
1.すべての材料を混ぜる。
2.好きな大きさに成形し、フライパンで焼く。

 

材料を細かくする下準備を終わらせてしまえば、自由に形を作って焼くだけ。

タンパク質と野菜が同じ量というのも魅力的。

もちろん、好みの野菜に替えてアレンジしてもOKです。

 

3,「取り分けチャーハン」

管理栄養士のおすすめする離乳食レシピ「取り分けチャーハン」

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップ赤材料(大人1人、子供1人、離乳食1人分)チューリップ赤
 
●玉ねぎ、にんじん、ねぎ、キャベツ、なす、コーンなどのお好みの野菜
●卵     
●ごはん
●油
●鶏ガラスープの素
●しょうゆ
●粉末和風だし
 
 
チューリップ紫作り方チューリップ紫
1.野菜はみじん切りにする。(電子レンジで加熱しておくと炒め時間が短縮されて楽ちん)
2.フライパンに少量の油を熱し、野菜を炒める。
3.野菜がしんなりしたら割りほぐした卵を加えて炒める。
4.ここで離乳食用に具材を取り分ける。
5.3に鶏ガラスープの素を加えて全体を混ぜたらごはんを加えて炒める。
6.しょうゆで味を調えたら完成。
7.4で取り分けた具材、ごはんを別のフライパンに入れ、水と粉末和風だしを適量加えて煮る。
8.ごはんがふっくらして水分が飛んできたら、火を止めて蓋をして蒸らし、器に盛り付ける。

みじん切りした後に“レンジで加熱”しておくのが時短ポイント。

大人用と離乳食用を一度に作れてしまうのでとっても便利です。

野菜たっぷりにすればヘルシーチャーハンにもできますね。

 

まとめ

さて、「離乳食レシピ」いかがでしたでしょうか?

大人用とまったく同じ作り方では難しいのが「離乳食」。

ひとりひとりに味の好みもありますからなかなか大変。

 

そんな中で比較的“王道”と呼べるヘルシーバーグやチャーハンは好きな子が多いメニュー。

さらに「茄子の卵とじあん」は和風の味付けを好きになってもらうきっかけとしても◎。

ぜひママの離乳食レシピに入れてみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る