『管理栄養士のおすすめレシピ30』モチモチこどもおやつ3選

食感たのしい!ふわふわモチモチこどもおやつレシピ3選

子育て管理栄養士&幼児食アドバイザー“の上野知佐さんがおすすめする料理レシピ第30回。

毎日食べるおやつはモチッとした食感で変化をつけるのもおすすめです。

今回はクレープ・ススコーン・ベーグルを使った健康的でおいしいおやつレシピを3つご紹介します。

 

目次

  1. 「強力粉でもちもちクレープ」
  2. 「ごまスコーン」
  3. 「ほうれん草ミニベーグル」

 

1.「強力粉でもちもちクレープ」

強力粉でもちもちクレープ

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップオレンジ材料(20cm10~12枚)チューリップオレンジ
⚫︎強力粉      100g
⚫︎牛乳          250cc
⚫︎卵             1個
⚫︎バター      20g
 
チューリップピンク作り方チューリップピンク
1.バターは溶かしておく。
2.ボウルに卵、牛乳、バターを入れて混ぜる。
3.強力粉を加えて混ぜる。
4.生地を1時間は冷蔵庫で寝かせる。
5.フライパンやホットプレートで焼く。(なるべく薄く広げる。)

生地はプレーンですが、砂糖を少量プラスすることでとってもおいしくなります。

フルーツやカスタード、はちみつなどをかけるのもおすすめです。

 

2.「ごまスコーン」

ごまスコーン

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップオレンジ材料(天板1枚分)チューリップオレンジ
 
●薄力粉          80g
●強力粉          80g
●ベーキングパウダー      5g
●砂糖             25g
●塩                 1.5g
●オリーブオイル      25g
●牛乳             70cc
●ごま             小さじ1
 
チューリップピンク作り方チューリップピンク
1.ボウルに薄力粉、強力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、ごまを入れて混ぜる。
2.オリーブオイルを加えてゴムベラでまとめるように混ぜる。
3.牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、ひとまとめにする。
4.生地を1cmくらいの厚さに伸ばし、好きな大きさに切る。
5.200℃に温めたオーブンで12~15分くらい焼く。

一口サイズにすることで小さいお子さんでも食べやすくなっているのがポイント!

数個ずつラップして冷凍しておくと自然解凍で食べれるお出かけ用おやつに早変わり。

 

3.「ほうれん草ミニベーグル」

ほうれん草ミニベーグル

出典:管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen

チューリップオレンジ材料(小さめ7個分)チューリップオレンジ
 
●強力粉           200g
●薄力粉           100g
●砂糖               15g
●塩                   5g
●ドライイースト   4g
●ほうれん草ペースト   15g
●牛乳                170ccくらい
●砂糖orはちみつ    大さじ1
 
チューリップピンク作り方チューリップピンク 
1.ほうれん草はペースト状にする。(私はいつも茹でたほうれん草を冷凍して、凍ったままおろし金ですったものを使ってます)
2.ボウルに強力粉と薄力粉を入れて菜箸で混ぜる。
3.2の真ん中にくぼみを作り、周りに塩と砂糖を、くぼみにドライイーストを入れる。
4.人肌程度に温めた牛乳をドライイーストにかけるように入れ、菜箸でぐるぐる混ぜる。
5.ある程度混ざったら、手で捏ねる。(10~15分)
6.生地をひとつにまとめ、濡れ布巾や濡らしたキッチンペーパーをかけ、ラップを上からかけてベンチタイム。(10分くらい)
7.成形し、30分くらい発酵させる。(私は電子レンジ発酵機能で30分)発酵したらオーブンを200℃に温めておく。
8.お湯を沸かす。沸騰したら砂糖orはちみつを入れる。
9.8のお湯でベーグルを茹でる。裏表1分ずつくらい。
10.茹でたら天板に並べてオーブンで15~20分焼く。

ほうれん草を使っているのでおやつとしても軽食のごはんとしても使える優秀レシピ。

鮮やかな彩りなので子供たちも喜ぶミニベーグルです。

 

どれもふんわりモチッとした食感のおやつばかりでした♪

ぜひ手作りおやつの新レシピに取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る